2018 第15回私流の植物画展のご案内

エノキに生えたエノキダケ

エノキに生えたエノキダケ

人それぞれの個性を応援するボタニカルアート作品展です。
主催:botanicalart.jp 小池 昇司
期間:2018年2月27日(火)~3月4(日) 10:00~18:00
金曜日は20:00 まで 開催します。
日曜日(最終日)の閉館は17:00です。
ただし、入館は閉館の30分前まで。
会場:名古屋市東区東桜11-13-2
愛知県美術館〔愛知芸術文化センター〕地下2階
アートスペース Ⅹ
会員の作品の一部は http://botanicalart.jp/に掲載されております。

平成 29 年度第 34 回筑波植物画コンクールに仲間3名が入賞されました。

平成 29 年度は第 34 回を迎え、全国から 2,904 点の応募があり、文部科学大臣賞、国立科学博物館長賞、筑波実験植物園長賞、佳作、準佳作の各賞が決定しました。
http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/259494.pdf
◎筑波実験植物園長賞(1点)
三浦 優斗 ケヤキ 岐阜県 坂祝町立坂祝中学校 3年
◎佳作(12点)
大島 彩世 スイカ(小玉スイカ) 愛知県 名古屋市立神丘中学校 1年
佐藤 晴花 ヒノキ 岐阜県 多治見西高等学校 2年